主に夕食を作ったときだけ更新する。超私的な日記&食事記録日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、二日目は私の希望で鯖江にあるめがねミュージアムへ。

ここは福井産のフレームの展示即売場と博物館機能がありました。
博物館は小さいながらも、明治初期のメガネのフレームづくりの機械の展示と紹介、そして大村昆さんの集めた芸能人のめがねコレクションの展示でしたが、なかなか興味深く拝見しました。スタッフの人も丁寧に解説してくださり、息子にも優しくしてもらったおかげかどうか、息子は展示スペースで眼鏡をかけまくってすっかり眼鏡男子でした(笑)。私も店員さんに相談したり、今のメガネのフィッティングを調整してもらったりしました。

その後福井駅に戻ってお昼におろし蕎麦を食べました。

息子は何食べるの?と聞いたら、「ソースかつ丼!」と即答。さいわいメニューにミニサイズがあったので頼むと全部食べてさらに、お蕎麦も要求。よく食べてました。そして、お土産を買って我が家へ帰還しました。

今回の旅で一番よかったのは、宿泊したホテルのホスピタリティの高さ。二日目、チェックアウトして駅までシャトルバスがあるとの事だったので、待っていましたがなんとこの日は運行しないとの事。そしたら代わりにタクシーを手配してもらって駅まで。降りるときに代金を支払おうと思ったらホテル持ちとの事でした。
ここはこれだけなく、滞在中もいろいろと気を使ってくださり、非常にうれしかったです。
また、福井に遊びに行って、このホテルに泊まりたいと思いました。

おまけ:えちぜん鉄道にて、駅内の踏切の注意書き。確かに機械式の鐘を鳴らすタイプやったけど、「ジャンジャン」ではないような・・・
スポンサーサイト

さて、お宿ですが、今回は嫁さんの福利厚生の制度を利用して、芦原温泉のここに泊まりました。
案内されたのは、残念ながらアップグレードなく、プラン通りのお部屋。
それでも10畳以上あって広いお部屋でした。
夕食は蟹のコースではなく、会席料理。地元の珍味や旬のものもそこそこありまあ、満足でした。ただ、品数が多くて、少食な私たちはちょっと辛かったです。
また、何故か茶碗蒸しとともにビーフシチューが出され、ちょっと構成に??でした。
食後はみんなで大浴場へ。露天風呂もありましたが、寒さと風があったので、断念。息子はヒノキ風呂がお気に入りで終始ご機嫌でした。
そんなこんなで一日目は終わり。夜は早く寝ましたが、雨風が強くちょっとうるさかったです。
おまけ:館内でウロウロしてたら、大河ドラマの顔出し看板があったので息子に入ってもらいました。


先日、福井まで旅行に行って来ました。
宿泊は芦原温泉にしたので、カニですか?と思いがちですが、今回は温泉がメイン。カニは来年にでも恒例の城崎に連れて行ってくれることでしょう。
さて、福井に行くもう一つの目的、それは恐竜博物館。息子はガイドブックで知った時からもう夢中。ずっと(でんしゃもですが)早く行きた~い。と家で言ってました。
で、一日目は、福井→勝山→博物館→芦原温泉という日程を電車等の公共交通機関で行って来ました。
まず、福井までサンダーバードに乗って、えちぜん鉄道にて勝山まで。ここまでで約三時間。


乗り換えて博物館へのバスに乗り込みました。しかし、急いだためか、息子は気持ち悪くなってぐったり。
やはり、余裕を持たないとダメなようです。それでも博物館に着くと何とか元気を取り戻し、お昼はキッズプレートを完食。私たちは郷土料理のボルガライスとソースカツ丼を食べました。

その後、同じようにバスと電車に乗り継いでお宿の芦原温泉へ。
結局電車乗車時間5時間近くの一日目でした。

最近、また更新をサボっていたので近況だけでも。
最近の息子はだんだん物言いがはっきりしてきて、やんちゃになってきました。
そして、走るのが大好き。
朝の保育園の送りは私が担当なのですが、よく「走ろう?」と言ってかなりの距離を走ります。私も一緒に走るので結構朝から疲れることもしばしは。
で、今日は久しぶりの二人とも休みがあったので、息子の服を買ってきました。その中のジャンバー、だいぶ気に入ったのがようで、夕方は取り外しできるフードだけを付けて遊んでました。



こんな感じでずっと外してくれませんでした。
また、フリースブランケットを出したら、やっぱりマントにして遊んでご満悦。

ま、そんなこんなで元気モリモリ。親としては大変ながら、元気が一番です。

さて、前回からまた一か月近く間隔があいてしまいました。まあ、ブログはなかなか時間が取れなくて、書きにくいです。
さて、今日は文化の日、ですがなんと戌の日&大安!ということで家族3人で安産祈願に伏見の御香宮に行ってきました。
ここは息子の時もしてもらったのですが、今回はこちらで生むこともあり、最初は近くの神社で…と思っていたのですが、七五三が多くて無理。とのことでしたので、同じところにしました。
事前に時間がかかりますとのお話を聞いていたので覚悟していたのですが、ついてみてびっくり。参道の両脇にはずら~と車が並び、中は子供と親とじじばばと・・・という感じでかなりの人手でした。
さすがに七五三が多いので、祈願受付は別になっていたのですが、実はこれが曲者で今日は安産祈願の人も多く、その場で必要事項を書かないといけないので、一組ごとに時間がかかること。
私が受け付けに立つまで30分ほどはかかったでしょうか。で、受付が終わると祈祷まで時間があったのでおやつタイムということで、門前の和菓子屋で栗餅を購入。おいしくいただきました。

20111103.jpg

息子も甘いお菓子が食べれてご満悦の笑顔

で、1時間ほど待ってやっと祈祷してもらいました。しかし息子のときは時期を外していたため、ほかに誰もいずに一人でやってもらうというある意味贅沢な安産祈願やったなと思いました。

で、お昼ご飯は?ということで、かねてから入ってみたかった鳥せい本店へ。人が多く30分待ちとのことでしたが、もちろん待ちました。
まず座った席から見えたのが、生原酒のタンク。実はこのお店は酒造会社の「神聖」も入っているので、日本酒が豊富な酒飲みにはうれしいお店なのです。
嫁さんは、南蛮鳥御膳、息子はお子様ランチを注文し、私は鳥めし定食を注文。お酒はさすがにお昼ということで我慢しました。
来たのは、こんな感じで結構ボリュームがあります。

IMG_0090.jpg

しかもここのから揚げがノーマル、しょうゆ味、竜田揚風とすべて違っていてまたびっくり。とっても美味しくて、また濃いめの味付けだったので、飲みたくてしょうがない。嫁さんの許可をもらって、一口生原酒を飲みました。
味はさすが原酒で濃く、0.5合ぐらいなのに少し酔いが回りました。
そうそう、息子の頼んだお子様ランチ、普通にワンプレートで来るかと思いきゃ、こんなかわいい器で登場

IMG_0094.jpg

(中は3段に分かれて食べ物が入っています。)
もちろん息子はテンションMAX!いつになくばくばくと食べてました。
で、お昼を堪能した後は、伏見を少し散策して家へ。息子のお昼寝に合わせて私たちもしばし寝てしまいました。

息子は相当お子様ランチがよかったらしく、寝る時まで話題にして、にこにこ笑顔でした。

いや~今日は本当に楽しい一日でした。また嫁さんがアルコールOKになったら来ようっと。

⇒ 続きを読むですか?

  
プロフィール

kitoramgr

Author:kitoramgr
ようこそ、日々の日記へ。
ここは京都在住の私の日々の夕食の備忘録と日々のよしなし事を書いています。
まあ、暇なときに見てください。

RSSフィード
最近の記事
リンク集
カテゴリー
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。